葛西でバイトする際の気を付けるべきマナーとは

マナーには色々ありますが、葛西でのベーシックなバイトのマナーは、遅刻や無断欠勤をしないよう、始業時間に遅れないよう現場に入っておく事です。人間は万全な生き物ではないので、病気になる事も多く、絶対に欠勤する日はあります。欠勤の連絡をしないと、事業主が心配をしたり、現場での稼動に波紋を広げてしまったりする事もあるので、どうしても連絡をしたい時のための連絡先を控えておき、欠勤する場合には、必ず早急に事業主へ連絡する事が大事です。交通渋滞などの事情で、始業時間までに到着できないなど、やむを得ない事情による遅れが明らかな場合、すぐに働いている事業所に連絡しましょう。

報告と連絡は、どんな事業所で働く時でも基本的なマナーなので、自分勝手に行動をする事を慎みましょう。

始業時間の前に、事務所へ足を踏み入れた場合は、当然、社員や他のバイトの人にも明確な声で挨拶を交わします。仮に、相手が反応しなくても、人間関係を良好にしたり、仕事を円滑的に進めたりするためにも、コミュニケーションの一環として、挨拶を交わす事を怠らないように心がける癖をつけます。

人間の是非は、8割方が第一印象で判断されると言っても過言ではないので、挨拶を徹底する事、清潔な格好で仕事に臨む事を心掛けておきます。

バイトが初心者の場合、頑張って仕事を覚える事は基本ですが、説明が分からなかったり、気掛かりな点があったりする際には、先輩社員へ積極的に尋ねる事も基本的なマナーです。仕事を指教してくれるポストの社員には、丁寧語や尊敬語を使って対応すると、周りから良い印象であるとみなされやすいです。

但し、何度も言った事に関して、繰り返し質問をするのは良くないので、何度も同じ事を聞かないようにメモを取る行動は大切です。

終業の時には、疲れて気が抜ける人が多いですが、事業所を出るまでが仕事であるという事を認識しておきます。従って、勤務時間が終了したら、終了の時の挨拶を交わしたり、仕事内容などで気になる所を上司に報告したりする事もバイトの規則です。